『東京レインボープライド2014』 晴天の下、無事に終了!

『東京レインボープライド2014〜パレード&フェスタ』は、好天に恵まれ、無事に終了いたしました。

ご参加くださった皆さま、ご協力・ご協賛くださった企業・団体の皆さま、朝早くから夜遅くまで働き運営をささえてくれたボランティアスタッフの皆さま、その他、関係者各位に、心から御礼を申し上げます。

皆さまのご協力のおかげで、過去最多の60以上のブース出展、15のフロート出展を数え、昨年以上の動員となりました。

動員の内訳は、パレード行進参加数約3,000人、沿道約2,000人、会場10,000人、合計約15,000人と、過去最高を記録し、本当にたくさんの人に楽しんでいただくことができました。

そして、当日の募金は、617,012円にものぼりました。
多大なるご協力に感謝いたします。

ステージでは、駐日英国大使をはじめ、オランダ、ブラジル、イスラエル、ニュージーランド、ドイツの大使館関係者からスピーチをいただき、また、作家で東京都教育委員の乙武洋匡さん、そしてこの日、韓国・ソウルから参加してくださった「コリア・クィア・フェスティバル」の代表、さらに、1994年に東京で開催された日本最初のプライドパレードを主宰した南定四郎さんなど、さまざまな方から熱いメッセージを頂戴いたしました。

そしてそして、何と言っても、トリを飾ってくれた「夏木マリ GIBIER du MARIE」のパワフルなライブパフォーマンス!

レインボーフラッグを身にまとった夏木マリさんが、「CRY BABY」「CONNE」「スワサントンブルース」を熱唱。ラストには、「Over the Rainbow」というスペシャルな選曲で、客席総立ち、野外ステージが、レインボー色の熱狂の渦に!!

2014年4月27日。
代々木公園で皆さまと共有したこの時間が、参加者の皆さまの未来への「心の糧」となり、また、これからの日本のLGBT運動を、少しでも後押しする原動力になれば幸いです。

東京レインボープライド2014
運営委員会一同

カテゴリー: 新着情報